消費者金融ユニーファイナンス

消費者金融ユニーファイナンスの気になる出店率について考えよう!

移動が多い仕事のお供に

世の中には様々な仕事がありますが、私の仕事もどちらかと言えばやや特殊な部類に入る内容であり、その都合上移動する事が多いと言えます。決まった地域で仕事する期間もまばらであり、面白い反面不便な事もたくさんあります。

自分で選んだ仕事なので後悔などはありませんが、やはり移動が多いという事は不確定要素が多く、それに対応する判断が求められる事になります。移動の際に生じる問題というのはたくさんありますが、中でも大変なのはお金に関する問題でしょうか。

移動には当然どんな形であっても費用が必要になるのですが、その費用が足りなくなった場合はどうすれば良いでしょうか?当然銀行内にお金は残しているのですが、その銀行の対応ATMが無いとなかなか引き出せない事があったり、そもそも収入が入る前などで引き出すお金も無い場合は不安定な立場もあってかなり問題が多いですよね。

そこで私は解決策として審査のゆるいカードローンを作る事にしました。カードローンと言えばお金を借りるためのカードですが、移動が多い私でもコンビニを見つける事はどの地域でもたやすく、コンビニであれば大抵の金融業者が対応している事もあって、簡単に融資が受けられるのが嬉しい一枚です。

カードローンを作るなら対応地域などにも注意

そして私は消費者金融系のカードローンを作る事にしました。銀行系のカードローンでも良かったのですが、消費者金融を選んだのには理由があります。

それは消費者金融の場合は全国各地に店舗が多いという事ですね。店舗が多いとどこでも作れるのと同時に、どの地域であっても使いやすいという事になります。消費者金融は身近な銀行でもある地銀と違って全国展開をしているので、かなり便利だと思ったのです。

しかし、消費者金融と言ってもその規模は大きく違うということを知りました。最初に検討していた消費者金融ユニーファイナンスは消費者金融系の中でもあまり対応地域が多くないのです。これは移動が多い私ならではの選び方と言えますが、他の条件は良かっただけに残念ですね。

そこで私が選んだのはテレビCMなども流している大手消費者金融でした。ここは大々的にCMを流しているだけあってかなり店舗が多く、移動が多い私でも店舗に向かって相談などもしやすいです。条件に関しても特に文句はありません。

そして今では知らない地域であっても必ずカードローンは持ち歩いています。移動が多い仕事なら出張などでも役立つので、是非一枚は持っておきたいですね。

サラ金の利用で生活がピンチ!助けてもらう方法って何かない?

生活が厳しくて利用したサラ金で、今度は返済がきつくて生活が厳しくなってしまっては意味がありませんよね。でもそういう状況には誰もが陥る可能性があります。でも自分が利用したんだから利用した分は返済していかなければいけません。だからといって、本当に生活できなくなってしまうような状況になってしまった時、何か助けてもらえる方法はないのでしょうか。

もし生活していくのも大変!という状況になったら、やはり専門家へ相談するということが最も確実で安全です。ただ、いきなり専門家に相談と言われてもなかなか勇気が出ない人も多いかと思います。直接顔を合わせることに抵抗があったり、そこまで行くということが面倒に感じたりしてしまうかもしれませんね。そういうときは、まず電話やメールで相談を受け付けてくれているところを探しましょう。サラ金利用関係の相談が増えてきているので、借金専門の弁護士事務所、司法書士事務所が増えてきています。そして、普段仕事をしている人のために24時間受け付け、無料のメール相談を行っている専門家も増えてきました。これを利用しない手はありません。

メール相談であれば、その専門家がどこにいたとしても日本全国どこからでも相談することが出来ますよね。名前も匿名で良い場合がありますから、プライバシーも守られますし、仮に氏名や住所などを記載しなければならない場合でも、法律の専門家が運用しているものです。個人情報はしっかりと守られていますから安心してください。1人で悩むより、まずはメールしてみてくださいね。何か解決方法が見つかるかもしれませんよ。

車の購入でローンを申し込みたい!どのローンがお得?

車を購入するときにはローンを申し込むという人は少なくないと思います。車も安い買い物ではありませんからね。お金を借りることが出来ればそれが助かります。でも、車のローンを申し込むにも、申し込む先によっていろいろなローンがあるんです。せっかくですからお得なローンを申し込みたいものですが、どのローンがお得なんでしょうか。

車のローンでお得なもの、それはその人の状況によって異なります。借りる金額が少なくてすぐに返済できるような場合、多くて返済期間も長くなる場合でも違ってきますよね。例えば、少しのお金を借りてすぐに返済できるのであれば、カーローンのような車のローンに特化したローンではなく、30日間の無利息期間があるようなカードローンを選んだ方がお得な場合が多いです。一方で借りる金額が大きく返済期間も長くなるようであれば、金利が比較的低い車の購入を目的としたカーローンを申し込んだ方がお得になります。

また、車の購入以外にもお金が必要になるから少し多めのお金を借りたい、という場合は、カーローンはお勧めできません。なぜなら、カーローンは利用目的が制限されているからです。車の購入やオプション購入、免許の取得など車に関係すること以外の目的での利用が出来ないことになっていて、もし違反した場合はただちに一括返金を迫られる場合もあります。

もし、車の購入以外にお金が必要だというときには、目的に制限がないフリーローンやカードローンを選択すると良いですね。カードローンであれば、比較的審査も早く済みますし、好きな金額を好きな時に利用できるというメリットもあります。

借金の審査ってどのくらい時間がかかるの?

借金を申し込むときには、何らかの目的のためにお金を必要としているというときですよね。つまり、いつ、いくらお金が必要だということで申し込むのです。借金は申し込んだらすぐにお金を貸してくれるのか、というとそうではありません。申し込んだ後に、借金先の審査を受ける必要があります。この審査が終わらないとお金を借りることはできませんし、審査に落ちてしまった場合もお金を借りることはできません。借金の審査、いったいどのくらい時間がかかるのでしょうか。

借金の審査時間は借金先によって異なります。速いところであれば、申し込んでから30分程度で審査や契約まで終了してしまうものもありますし、審査は数日で終了しても借金をするためのカード発行に時間がかかって、実際利用できるのは2週間後、なんていう場合もあるんです。

では、申し込んだ当日に借金できるようにするにはどのような方法で申込めば良いのでしょうか。まず、即日融資可能!という借金先を見つけましょう。そのときに、できるだけネームバリューのある大手を選んでください。個人経営の場合は悪質な業者である可能性もあります。CMなどでよく目にするところであれば安心ですよね。そして、借金先の選択が終わったらできれば窓口や無人契約機で申し込むようにしましょう。

なぜ窓口や無人契約機での申し込みが良いのか、それは借金するために必要なカードを入手するためです。カードが入手できれば、ATMですぐにお金を借りることが出来ますから、このカードをいかに速やかに入手できるかが重要になります。窓口や無人契約機であれば審査が終わればその場でカードを発行してもらえますよ。

雑誌の甘い広告には注意!それ、融資保証金詐欺かも!

雑誌を読んでいると消費者金融の広告を目にすることがあります。「ブラックリストを削除します」「今ならお金貸せますよ」なんていう甘い広告も珍しくありませんが、実はこれ、融資保証金詐欺かもしれないんですよ。

融資保証金詐欺は別名「貸します詐欺」とも言われています。甘い言葉で借り手を誘導して、逆にお金を出させてしまう詐欺なんです。借りる人の弱みに付け込んだものですから、決して許してよいものではありません。

ブラックリストから削除してあげます、なんて言葉があれば飛びついてしまう人もいますよね。でも、いくら手数料を支払ってもブラックリストから削除できるなんて言うことはありません。人の弱みに付け込んでお金を巻き上げる詐欺なんです。

他にも、先にいくら支払えばこれだけのお金を貸すことが出来ますよ、というのも危険です。先にお金の支払いを依頼するというのはおかしいです。また、正規の融資であれば電話連絡だけで行われることは絶対ありません。電話で口座番号を伝えて振り込みを依頼するような場合、おかしいと気づくことが大切です。

融資保証金詐欺は、無理強いするような勧誘を行いません。だからこそ騙されてしまうのです。あくまでも親切な対応をしてきますから、異常に気付かないんですね。でも、融資を受けるにあたって保証金が必要なんて場合はほとんどありません。甘い誘惑があっても、「保証金を」という言葉が出てきた場合は、詐欺だと疑って騙されないように注意しましょう。

来店不要で簡単申し込み!消費者金融の利用が安心便利!

消費者金融って便利だって聞きますけど、実際申し込みをするのって勇気が必要ですよね。誰にも知られることなく申し込んで利用できれば良いのですが、そういうことは可能なのでしょうか。

消費者金融の申し込み、イメージとしては店舗に行って担当者と話をしながら契約する、ということでしょうか。実際窓口での申し込み、契約も行っていますし、担当者と直接話が出来ますから不安点についての質問ができる、申し込みでミスが起こらないというメリットもあります。ただ、消費者金融の申し込みは来店不要で簡単に行うこともできるんです。

来店せずにどうやって申し込むのか、それは電話やインターネットでの申し込みです。電話での申し込みは、担当者があることですから時間の制約がありますが、インターネットでの申込みであれば24時間365日受付を行っている場合がほとんどです。申し込む時間によっては、当日の営業時間内に審査結果が通知され、すぐに利用することが可能になる場合もあります。時間や場所を気にせずに申し込みが出来るっていうのはとっても嬉しいですよね。

また、電話やインターネットで申し込みが出来るという事は、近所の人や職場の人、友人などに知られることなく申し込みできるということになります。これは安心ですよね。消費者金融を申し込むと勤務先に在籍確認の電話がくることがありますが、電話があるときにも消費者金融の者だと名乗ることはありませんから大丈夫ですよ。どうしても心配という事であれば、どのような確認方法なのかを質問してみても良いですね。

サラ金の口コミで注意してみておきたいところってどこ?

サラ金を利用しようと思った時には、やはり事前にどんなところか調べてみたいですよね。申し込みは簡単か、審査はどのくらい時間がかかるのか、担当者の対応はどうなのか、実際に利用した人からそういう情報を得る方法があります。それが口コミです。大手や個人に関わらず各サラ金の口コミって結構あるんですよ。やっぱり個人のサラ金だと口コミの件数はぐっと少なくなりますが、利用した人からの意見って大事ですよね。

では、口コミを見る時にココに注意したら良い!っていう部分はあるのでしょうか。まず、口コミを見るときには新しい情報から見ることが出来るようになっていることがほとんどです。ずっと見て行くと、どんどん古い口コミになっていくんですね。まずは新しいものだけではなく、ある程度古い口コミも見るようにしましょう。

古い情報なんて当てにならないのでは?って思うかもしれませんが、そんなことはありません。確かに貸し付け条件などは変わっているかもしれませんが、その条件が良くなっているのかどうかのチェックは大切です。また、古くなるにつれて担当者の対応について悪い口コミが増えてくれば、担当者対応が改善されてきたことが分かりますから、信用できるサラ金だと判断することもできます。

また、口コミは良い事も悪いこともたくさん書いてあります。注意しなければいけない事、それが情報の見極めです。極端に良い情報、悪い情報はできるだけ避けるようにしましょう。参考にする程度は構いませんが、口コミの情報が必ずしも正しいというわけではありません。これが難しいところなのですが、攻撃的な口コミについては無視するようにして、悪い口コミの中でもきちんと理由が記載されているものを見るようにしましょう。

お金を借りてローンを組むときに注意しなきゃいけないことってある?

ローンを組むのって大きなお金を借りる場合ですよね。何回かに分けて返済しなければいけない金額を借りる、ということは、自分の生活に大きく影響してくることになりますから、申し込むローンは慎重に選びたいですよね。ローンを組むときの注意点って何かあるのでしょうか。

ローンを組むときには、自分が納得したものをしっかり選ぶようにしてください。つまり、納得できるだけの下調べをするようにしよう、ということですね。下調べは特に難しいものではなく、申し込み条件や利用できる返済方法、延滞時のペナルティや繰り上げ返済手数料の有無など、ちょっと調べれば分かるようなことを知っておこうということです。特に必要ないんじゃないか、って思うかもしれませんが、金利の低さやネームバリューだけで選んでしまうと、他の条件で損をしてしまう可能性もあります。今やっているキャンペーンや適応期間についても確認できると良いですね。

また、少しでも疑問があればそれを解消しておくという事も大切です。年齢を重ねてくると分からないことに対して分からない、っていうことが出来なくなってくるんですよね。でもローンはそれこそ数十年の付き合いになりますし、申し込み時に選択を迫られたことで人生が変わってしまうかもしれません。返済方法についても元利均等と元金均等がありますし、変動金利と固定金利の条件だってしっかり知っておかなければ後々大きく損することだってあります。ちょっと分からないことを放置したまま契約するのはやめておきましょう。

マイカーローンにも消費者金融のカードローンが便利!

車を購入するときにマイカーローンを検討する人は多いと思います。でも、マイカーローンを申し込むときに、他からの借金があることで審査に通らない事ってあるんですよね。複数のカードローンを利用している場合も、信用情報を見たときに「お金に困っている」と判断されてしまう可能性もあります。過去の借り入れも審査対象になりますから困りますよね。でも、もし消費者金融で申し込んでいて今利用できるカードローンがあるのであれば、マイカーローンにこだわらずにカードローンを利用しても良いんですよ。

カードローンって利用目的に制限がないことが一番の魅力です。何に使っても良い、つまり車の購入のために使っても大丈夫なんですね。数百万円という借り入れは限度額がありますから無理だとしても、もし準備できる自己資金があって、限度額内の借り入れで足りるのであればぜひカードローンを利用して下さい。

カードローンで自動車を購入することのデメリットとして考えられるのが金利でしょうか。やはりマイカーローンの金利と比較すると、どうしてもカードローンの金利は高めになってしまいます。ただ、どうしても車を購入しなければいけない状況なのにマイカーローンの申し込みを断られているのであれば、せっかく使うことが出来るカードローンを利用しない手はないですからね。毎月の返済に加えて、少し余裕がある時の繰り上げ返済を積み上げることで早めの完済を目指すことも出来ます。返済が早く済めばかかる金利も少なくて済みますよ。

クレジットカードのキャッシング機能でお金を借りるときの注意点は?

クレジットカードを申し込むと、キャッシング枠をどうするかという欄があります。キャッシング枠は10万円、30万円、など選択することが出来ますから、何も考えずにチェックをして提出しているという事もあるでしょう。普段クレジットカードを利用するときには特に意識することはないキャッシング枠ですが、このキャッシング枠はATMにクレジットカードを挿入して暗証番号を入力するだけで現金を借りることが出来る、便利な機能なんです。

クレジットカードで現金を借りることが出来る金額が、申し込み時にチェックしたキャッシング枠の金額です。もしかしたら審査によって「そこまでの金額は認められない」と少なめのキャッシング枠になっている可能性もありますが、基本的にはキャッシング枠は少しの金額でも設定されていることが多いですね。でも、クレジットカードでキャッシングすることには注意しなければいけない点があります。

クレジットカードでのキャッシング方法は先ほど紹介したようにものすごく簡単です。そして、簡単だからこそ気をつけなければいけないことがあるんですよね。クレジットカードのキャッシングは、金利が消費者金融からの借入と比較して高めの設定になっていることが多いです。そして、基本的には翌月一括払いでの返済となっています。つまり、何も考えずに10万円借りてみたは良いけど、翌月に10万円返すことが出来なければそこで延滞扱いになってしまうんですね。

最近ではクレジットカードのキャッシングでもリボ払いが出来るものが増えてきました。ただ、金利は高めですからリボ払いにすることによって最終的な返済額がものすごく大きくなる可能性もあります。クレジットカードでお金を借りる際は、翌月に一括で返すことが出来るだけの最低限の金額を利用するように気をつけたいですね。

始めてだから不安…借金って安心して利用できるの?

借金をするっていうとどうしても良いイメージはないですよね。誰かに知られたくはないですし、ひっそりと利用して返済していきたいものです。初めて借金を利用するときには尚更不安だと思います。借金先はきちんとしたところなのか、安心して利用できるのか…。そんな不安を解消するために、借金をするときには事前に情報を仕入れておきましょう。

まず、借金をするときに一番不安なのは、騙されることがないかという事だと思います。気づいたら法外な金利になって返済できなくなる、怖い取り立てに合う、なんていうことが自分の身に起こってしまわないかって不安になるんですよね。そういう借金先が、まったくないとは言えません。ヤミ金と呼ばれる違法業者は残念ながら存在します。でも、ヤミ金じゃない通常の借金先であれば、騙されるという事はまずないでしょう。

借金先は、必ず貸金業としての登録を行っていて、貸金業を営業するための申請を行っています。その登録は財務局や都道府県が認可したものですから安心ですよね。貸金業は法律によって金利の上限や取り立てについての制約を受けています。つまり、万が一法外な金利や怖い取り立てに合ってしまった場合は違法ですから、きちんと辞めさせることができるのです。

ただ、借金をして返済できなくなってしまった場合は、多少取り立てが強めになってくることもあるでしょう。むやみに周囲や家族に借金の存在を知らせることは禁止されていますが、延滞してどうしても返済してもらえない場合は別です。身近な人に借金についての情報を知られたくないという場合は、利用した分、しっかり毎月の返済を行っていくことが大切ですね。